1996年 アトランタ五輪
チームTR「忍者」

アトランタ五輪 日本代表チーム テクニカルルーティン曲。

今では主流となっているチーム競技がはじめて採用される事になったこの五輪において、まずは、日本を知ってもらう、日本ならではの表現を盛り込む事が主題とされた。

テクニカルルーティンのテーマには、当時映画等で取り上げられ注目されていた「忍者」を採用。和楽器をベースにしながら、威勢のいいかけ声や手裏剣・刀の効果音、ラプソディ・イン・ブルーの主題等を盛り込む等、開催国・アメリカの観客が楽しめる内容に仕上げる事で、会場全体が一体化するムードを産み出した。
後日のフリールーティンと合せた競技結果、銅メダル獲得

Credit

Composition & Arrangement:大沢みずほ
Vocal:中田幾子、小野ひとみ
Sound Producer & Engineer:栃尾恒樹
Synthesizer Programmer:鷲嶋勉

Recorded at PRESSTONE

Movie

外部サイト